どの嗅覚障害ようにちまきを包みますおいしいですか?おいしい粽を教えてくれ

1年に1度の端午節にすぐに着き、粽に入った時には.粽の方法はとても多くて、しかしどのように包んでやっとおいしいあなたは知っていて、粽はおいしくて、包みます.ここで、小さい編はあなたに1つの良い方法を分かち合って、すぐに手袋をつけて、あなたの包みおいしいちまきを教えます.

p制作ステップ:

p> <いち、手をきれいに洗って湿って、更に1碗のご飯の量を左手に手のひらにまず少し圧平、中間を準備した餡.

に、ご飯を中心へ巻いて、ひとつになっ団子状.

p3、左手に少し曲、彎、おにぎりを少し加圧して三角形にして.そしておにぎりを数回に反り.

4,左右の両側には指で内に少し押さえ、両辺、成形のおにぎりを皿に置いて、両手でぬらして少し塩を揉む.

p5、おにぎりを再成形すると、手に手の塩をおにぎりに溶け込みます.

P6、しっかりとしたおにぎりを海苔の中に入れて、ょっと、アオノリ、アオノリをしっかり押さえて.そして、両サイドの海苔は、三角おにぎりを巻いてもいいです.

pは粽を作り、以下の点に気をつけてください.粽の葉の選択:

広州人粽箬叶选で、表面がつるつるして柔らかく強靭な属性.スワトウスワトウ人は粽を作ることが多く竹葉、ちまきは竹の葉の清の香りを持って、しかし柔らかいことを煮ます.上海などの採用に毎年大土用安徽黄山の箬叶から採取し、特殊な清香りを含んで、通称徽州伏箬.

粽あんの味付け:しょっぱい肉粽はまず新鮮な豚肉で少し化学調味料、白砂糖、酒、塩,濃口醤油かき混ぜるのが均等で繰り返しておいてくださいから調味料で豚肉再バッグ.

  粽の梱包:あん団子は束がきつすぎて,嗅覚障害、米粒に割り込む防止あんの中で、もし煮不透が生煮え現象.しょっぱい肉粽もしトントロ不適で、ゴム適度でしばる.もし痩せた豚肉は結び付けるので、赤身熟した後収縮、ちまきの餡の肥ジュース漏れに水を維持することができない粽の脂もち.

  粽のこしらえる:煮ちまきは必ず水たぎってからやっと下ろすちまき、水にぬれる粽面、あとから再圧延後更に強火で煮さん時間ぐらい.煮団子の過程の中で生水を.留意石鹸水粽と一緒に煮るない他のちまき.

Pは、「煮てから熱いうちに取り出して.食べる時粽の葉を開け、粽香噴鼻、入り口の油はねばねばしないで、もちをくっつけない、甘辛手頃で、香嫩おいしいは高級品.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です