どの嗅覚障害ように赤ちゃんは春の赤ちゃんの赤ちゃんを食べてどのように長いのが速い

春の赤ちゃんの成長が最も速く、消化吸収機能も増強し、食事量が増え、器官と組織が良質蛋白質に対する需要が増加します.お母さんたちは良い春、子供に良い成長をさせますか?南京市児童病院呼吸器科の梁慧副主任医師の広大な親、授乳中に注意がカルシウム、脳の発達のいくつかの重要な方面.

P食品は、カルシウムカルシウム食品を食べたいと思ってます

冬小児外出が相対的に減少、易カルシウム、春の生長の発育に加速し、カルシウムの需要の増加は、赤ちゃんにはカルシウムの豊富な食品を多くの选択して使用して、例えば牛乳や乳製品、大豆製品、骨のスープ、魚、エビ、ゴマなど.しかし、いくつかの湿疹、ぜんそく、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患の赤ちゃん、春はいい季節慎む出し、海鮮、エビ、魚、カニなど.2歳以上の赤ちゃん乳は飲み飽きて、酸っぱいミルクを飲むことができます.卵、魚、エビ、鶏肉、牛肉、豆制品、アワ、あずきなどが多い.春のテーブルの上には、ソラマメ病という病歴の病歴の赤ちゃんが断食になり、でなければ,溶血.

これは季節の赤ちゃんは口角炎、歯齦は出血、皮膚は乾燥し、ビタミンやミネラルの食品が多く食べられるようになります.セロリ、ほうれん草、小松菜、キャベツ、トマト、ニンジン、白大根、山芋、じゃがいも、花菜など.適切にいくつかの野菜を食べると雑穀、例えばナズナ、チャンチン、トウモロコシ、オート、カボチャなど.

これは食べ物が脳の発育を促進する

Pは、飽和脂肪という食品は、くるみ、オリーブオイル、胡麻、新鮮貝など、多く食べることが多い.また魚肉美味しい,豊富な脳の金が、蒸しや石ではなく,嗅覚障害、揚げて、さもなくば栄養成分が失われるの.赤ちゃんに多くいくつか食べて薬食同源の食べ物、赤いナツメ、竜眼の肉、キノコ、しいたけ、クロキクラゲ、枸杞子、山芋、クルミ肉など、これらの食品は豊富な栄養成分は、性の味の甘平、副作用は、病弱な赤ちゃんの食用に適.

p>は寒い気温<が暖かくなり、陽が上昇した時、赤ちゃんが容易で“のぼせ”、少なくして、辛い食品、例えば羊肉、犬、揚げ鶏、唐辛子、コショウなど、チョコレート、砂糖漬けの果物が生まれたのも熱の源泉は、なるべく避け.しかし少し辛味の食品例えばネギ、ショウガ、ニラ、ニンニクの芽など人体生発陽に利益があって、適当に食べて.

Pは、数項の愛之助を推薦して

推薦して春暖、科学的な食事は赤ちゃんの背の高い呼び物、専門家は何項簡単な愛之助の子供の成長の佳肴を推薦して、家長は子供の異なった情況によって合理的な選択の組み合わせを選択することができます.

きな粉、黒豆、靑豆は塩水で6時間以上かけて、炊け、キュウリと一緒に和え物、あっさりしたシャキシャキ.

に、パイクーと山芋:スペアリブ选列、切って小さく湯茹で鍋煮込み入れて味付け、ネギ、ショウガ、水開後交換公文>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です