健は薬を薬にして、嗅覚障害中には、繰り返し薬を繰り返して、薬を繰り返して

によると、このような薬によると、病気にかかって、病気にかかって、健康に危害をもたらしているということです.健康保険署に起用すると発表した中央健保雲薬歴システムには、医師の処方のとき、即時調査病人この三ヶ月の薬を供参考記録医師を回避し,患者に薬を繰り返し、薬の安全と品質向上.

は医界によって、その病院の間で繰り返し医者として、同じ病院でまたがり科にまたがり、薬と同じ薬を飲め、一緒に食べに行きました.弘道老人福祉基金会執行長林依瑩として、実際に配慮長者の過程の中で、体の健康にもよくある長者が、毎日がふらふらして、病院へ問い合わせ、医師は提案のいくつかの薬物を止め、結果は長者はリフレッシュ、これは繰り返し薬の影響.彼女は病院が薬の袋に標示か薬の説明の方式を通じて、患者は薬物の作用を理解することを試みて、しかし実際には繰り返し薬の問題を解決して、効果が有限です.

時の初期の慢性病患者に対して分野
健保署長黄三桂は、健保雲薬歴システム、各病院治療三高の疾病,嗅覚障害、多重病気や高齢患者を提供し、過去3ヶ月薬を記録、希望が自発的に調査病院再開薬.医審と漢方薬の材料沈茂庭組組長は、選択のこの3つの分野では、主に慢性病の特質、慢性病の患者によって病院で繰り返し治療のこともなく、同じまたは開薬効反対の薬の状況の時に聞いて、例えばこの病院の治療の睡眠薬を開いて眠れない、もう病院は開いたうつ病の治療薬興奮類、両者は実は互いに抵触.未来も他の分野にも広がり、急診昏睡で昏睡中の病気が、薬物による.

は7月から全台の医療院に普及され、各院は自発的に参加し、11月末までに66社医療院に加入されている.沈茂庭として、自発的に考えて採取方式は医療院ハードウェア設備とネットワーク帯域幅などの基礎施設設置するが必要とアップグレードは、あとは医師も薬歴の習慣を確立する調査.また、現在66家に加え、に対して全台150病院と診療所に万、割合は高くはないが、彼はともっとさん年内が3~4割の院が参加し、その時が健保署が他の要求未加入院にならって辦理.

時のようなことはしたくない民衆
沈茂庭指摘が健保自体は全国接続システムが、昔薬歴方面の資料を基に、院がネットとハード施設の要素をアップロードできない即時まで,今年、院が毎日汇整当日薬歴から健保データベースシステム、薬歴が顺利執行.未来、医師はちょっとボタンを押して、薬の暦を見て、また1度の最新の薬の記録を入力する必要はありません.

は民衆の個人情報保護面において、瀋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です