児嗅覚障害童おねしょ症

おねしょおねしょはみんなが知っている問題で、人が小さい頃はベッドに小便をして、しかし、大きくなったらおねしょ,嗅覚障害、おねしょ、いらだたしい、いらだたしい、いらだたしい、悩ましい、非常に悩ましい、非常に悩ましい.

は、尿と排尿は複雑な生理過程で、下水道泌尿システムは健全で、成熟した脳機能は更に不可欠です
初生赤ちゃんは脳が未成熟、排尿の動作は反射性の.いわゆる反射性は、その膀胱膨満時迳行収縮、昼も夜にも関わらず、場所に適するかどうかですから、新生児は1日に20回ぐらい小便.成長につれて、膀胱容積はだんだん大きくなり、小便の回数が減り、脳も次第に成熟し、約二歳ぐらい、あってベッドの意も、まずトイレを待って再おしっこできる時、幼稚園はしたく、押さえてももうおねしょを備え、完全な禁尿機能.

p>と<ずつ成長スピードが違うが、医学的に定義して、もし男性の6歳、5歳の女子学生が続いているから、毎月2回または2回以上が夜になるとおねしょをするならば、やっと小児寝小便、つまりおねしょ.この定義によって、6歳の小さい友達は2 %のおねしょをおねしょ、たとえ思春期になっても1 %におねしょの悩みがあることがある.

Pは生理過程ではなく、勉強も重要だ、一般的には排尿訓練、例えば:タイミング、オムツ、昼間はオムツ、小さい友達がベッドの時には先に話して……このように、このようにして、小便をして、このように、尿の年齢の遅延、将来、おねしょの機会も大きいと思う親がいると思う親もいるが、この年には、オムツ省の面倒、それは、将来のおねしょの機会も大きい.

おねしょの本当の原因はまだ定説がないが、下記の三種類:

は1 .中枢神経あるいは在っ筋肉の神経システムはまだ熟していない.

おねしょの小さい友達、脳波検査をするなら、40 %が波形異常が発見されます.もしして膀胱容積測定は、容積減少や敏感すぎるの現象、すなわち少し膨れる感、膀胱が収縮排尿;しかしもし先に麻酔再測定膀胱の機能は、普通と変わらないので、解剖構造には異常がない.その様子は、大きくなって消えていく.ほかにも発見おねしょの子供が深くて寝て、起こしても起こしにくい、寝ぼけたさま蒙集めるか、尿は便器自分も知らないで、甚だしきに至ってはベッドの尿が濡れてもまったく気付かない、こんなに深い睡眠も可能な原因.

P2 .心理的要因は

pは30 %占めている.例えばお母さん顾新生心だけの宝物,自分ですべてをなおざりにして、感じが寵愛を失う挫折、熟睡を意識して無理して、そのゆったりおねしょをする,あるいは親EQ不足、子供といわれるとばっちりを受ける、子供が敷いて舒解圧力寝小便をする可能性がある.

泌尿あるいは神経システム疾病によって

をもたらしてますpは20 %を占めている.泌尿疾病は尿路感染を考え、その導が例えば:小さい女子学生の尿道狭窄や小さい男子学生の尿道弁は、小便が弱々しい無力、また、小便は解けない清潔に尿路感染で寝小便をする.先天性の在っ尿管逆流は先天性の在っという

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です