嗅覚障害の分類

嗅覚障害とは、現実にあるはずの臭いが感じない場合や、臭いが強く感じる障害のことを指します。臭いが感じない原因は風邪やインフルエンザなどの呼吸器系感染症、花粉症などから鼻炎・副鼻腔炎を起こし、吸気が鼻の最上部にある嗅細胞に達する経路が遮断されて起こる呼吸規性と、嗅細胞・嗅神経の障害による末梢神経性および大レビトラ脳の一部が腫瘍や梗塞などで傷害されて起こる中枢神経性の区別があります。すなわち、鼻周辺の血行不良が原因です。嗅覚障害は一般的に以下の四つに分けられます。

呼吸性嗅覚障害
鼻の通りが悪くなって起こる嗅覚障害です。鼻の中でニオイの素がニオイの神経まで行き着くことが出来なくなる様な障害物がある時に起こる障害です。副鼻腔炎、鼻茸、アレルギー性鼻炎、鼻中隔彎曲症、肥厚性鼻炎などが原因です。

嗅粘膜性嗅覚障害
ニオイの素の刺激を受け取る神経の故障です。アセチレンガスやシンナーなどの刺激性ガスにより神経が故障したり、インフルエンザで神経が故障したりした時などに起こります。

中枢神経性嗅覚障害
脳が故障したり、鼻から脳に行く神経が途中で故障した時に起こります。交通事故などによる頭部外傷や脳腫瘍、頭蓋内手術等によって嗅神経や中枢神経系が破壊されてしまうことが原因。媚薬あるいはヒステリーや神経衰弱の場合などです。中枢神経がやられてしまった方の場合には、匂いの感覚が全く消失して無臭症となることが多く、簡単には戻りません。

その他の嗅覚障害
潜在性副鼻腔炎、鼻咽頭炎などでは周囲の人が感じないのに患者自身が悪臭を強く感じることがあり、萎縮性鼻炎などでは周囲の人は悪臭を感じているが自分はこれを感じないことがあります。

レビトラは勃起を促進するのではなく、男性性機能の障害を改善し、正常の勃起を促し、自然の刺激で勃起するということです。