死ぬに嗅覚障害は死んではならない

一段の間に、生死の問題について、心を込めて思索しています.これは文士の古い癖だろう、簡単な問題になるほど簡単な問題、ますます理解して、時にはよりによって越越越越越.そこで,私に外題学問と私は憂鬱一面者は消極的だと思って悲観厭世家、ややもすればが死ぬ.実は、私はまだ死にたくありません.

は私が挫折しないと生きてとても疲れて、とても大変で、生きている感じ悲しみのあまり死、死んだほうが、私はやはり今まで生きてきたあとで生き続ける.今私は本当に本当に私は本当に死ぬの原因を选んだということを知っていて.もし一時の衝動に自分の生命を終える,嗅覚障害、それで私よりこの死亡に直面して所の勇気が平然と生活に直面して、そして私が知っている私は死ぬ時や生がないを懐に寄り添う神の時、私はきっと後悔当初の挙動.

はまだないと、ある友人が話し合う時、友人に聞いて奇奇怪怪された問題.私は死んで、あなたはどのようにすることができますか?」私は生真面目とすぐにAPI:“あなたは死んで、私も生きられない、黄泉の道中の亡霊とあなたのお会いします.」そして、それは、誰もが知っている、それは、それは、誰も真剣に、誰も真剣にされていません.話し手が聞き手無意識3.私は自分が多情多义自信ない友人であるというより先に先にで生死を共にする.死者はすでに死んで、生者はやはりその生きるべきだ.しかし私は私は自信がなくて、長い時間が退廃的に低い.

私は私が偏屈性があるため、時には愚かに狂の個性、私にたくさんの本当の触れることができるのは私の心の深い痛みに触れることができます.私は少し愚かで、少しはっきりしています.再び、生としての想念が再び現れて.私は自分がこの世をするべきでないことを憤るて,この世を通じていない.しかし私は一回痛みが一度も痛いことができなくて1回の乖の.私は私、世俗の目私と何しますか?私は依然として怨むがなくて、自分が歩いてきたすべての道を悔いなく.私は1つの定数ではありませんて、1つの時には1つで、時に錯乱;時にはっきりして、時にボンヤリ;時には向上して、時に墜落しているもの.愚かでなく、聡明でない;すなわち強さ、弱い……

笑話

笑話!どうして死ぬんだ,.私は生きているそうで、生きるのがこんなに軽はずみに楽しくて、私は死んではこれらの人が遊んで申し訳ない仁弟ました.

Pは、優れた芸術的な目で、自分の人生価値を実現するため、暖かい幸せな家の私はまだ死ぬと思っていない、もっと惜しんで死ぬ.世のすべての痛みは時のしっかの恩賜、来者者は一概に拒ない、たとえ日が崩れ落ちて、も布団の蓋になった.人類のサービスにより、自分の価値を実現する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です