男性は食べ過ぎるとがん確率の嗅覚障害増加

日本の専門家の研究報告によると、男性はいっぱい食べるに細胞を抑えてがん化して遺伝子の働きが低下し、がんの確率を増加.アメリカの『報』報道によると、この研究は58人男性を対象とし、食習慣を調べている.その結果、毎日食べている人と,八割が食べられる人は、前者の細胞が変異、活動能力を失うということが発見されたという結果が発見されました.専門家によると、これは、がん確率の増加の主な原因.この研究は、ふだん緑茶を飲む人とよくキャベツの人を食べて、その細胞の活力は比較的に盛んで、しかし原因は何で、現在まだ定説がない.研究者は、現在1日3度、海を食べる人が多いと指摘している.このような食生活がない習慣が人の胃腸消化システムを消化するシステムが常に緊迫状態、内臓器官も,超荷重作業による保養、直接結果として胃病.人体胃粘膜上皮細胞寿命は短く、二三日から1回復旧して.一日三食のほかに夜食を食べて、胃の粘膜が修復の機会を得られない.そのため、専門家は、食物の長い時間滯在胃に滯在、胃の大量の分泌胃液を分泌し、胃粘膜を破壊し,嗅覚障害、胃びらんと胃潰瘍、誘発胃癌になります.食の過剰と栄養過剰が体内の各臓器の負担を増加し、変形発展につながる.脳血管血管疾患、糖尿病、脂肪肝、肥満症など富貴病も、食いしん坊で、貪食.また、人体内甲状腺ホルモンは、普段の食事量と比例して
.だから専門家は注意する:長期の食べる量が多すぎて、人体内副甲状腺ホルモンが増えて、骨格、過剰脱钙、骨粗鬆.この原理によって、若い時によく飽食者、高齢者を、体内で副甲状腺ホルモンの含有量は明らかに増加して、たとえ摂取が多いカルシウム、にくい瀋着は骨格にさせることによって、骨粗しょうの確率を.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です