若い時、私達はすべてパイナップルの嗅覚障害サクサクの愛情を持ったことがある

は私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、私は、彼女を知っていた,
レビトラ.

彼女は生粋のアモイ人,彼女の発言は、寝る聞こえないアモイの波の音も、不眠症.彼女は30歳になって、これまでに厦門を離れていなかった、外の世界の世界を渇望していない.

Zはなかなか上品だ、一枚の童顔でぱっつん前髪、目が大きくはないがとても明るくて、笑って、そして淺いえくぼ.服はいつもとても素で、ゆったりとして.初めて彼女と会う時には、私が思うに、彼女は美しい玉の小説の中を越えて来たのは、それには、彼女の背後で彼女を愛して愛してヒステリックに咆哮の彼氏.

私はもちろん、私の幻想は実生活ではありません.Zの男友達はアモイで登校する大学生で、彼女は小さい2歳、専門は絵を描くことです.この男はL君と呼んでね.私は旅行の知り合いですので、アモイでは時間が短いので、L君がいないということはありません.写真で見ると、普通の男の子で、普通の顔、普通の身長を着て、普通の.

Lくんがよく鼓浪嶼て収集家、Z開くデザート手作り工房,Lくん彼女の家で食べた箱クッキーと1杯のコーヒーがお金がないから、勘定して、そしてとして再Z、今度お金を彼女に.L君は本当にお金がないとわからないから、ナンパする手段の一つだ.狗血,嗅覚障害、Z君は私に1枚のスケッチ画でしょう、私はあなたが要らないのは金.

Z後、その日のシーンを思い出して、私に話して、彼女の店に入って当日Lくんの時、彼女はこの男の子が妙に注目して、これまでは積極的にお客さんと紹介食べ物の彼女が主動その日まで歩いたLさんの前で、甚だしきに至っては自らコーヒー彼に.Lくんで食べるのがあの時間の中で、彼女の心はずっとうごめくことを望んで、彼は彼女にも異様な感じ、彼女はデザインがいくつか小さい意外彼彼女を覚えて、惜しい本分を守っている彼女は毛頭ないいたずらの才能……でも、物語のZがあって、願いがかなう.

Z家は世代をパイナップルケーキのため、彼女も継承家業手芸、パイナップルケーキするのがとても純粋に、私はパイナップルケーキから彼女と付き合っている友達.鼓浪嶼に、たくさんのお菓子を手作り工房、彼らはいつも作業台をロビー、旅客たちの同時購入も見られる生産過程.そしてZ娘は独特で、彼女のパイナップルケーキ鼓浪嶼に売って、生産はアモイ市内の家にしか売ってないので、彼女は毎日限定のパイナップルケーキ.彼女が作ったパイナップルケーキ、餅皮に入り口すなわち化、中身がぐったりするは甘くないっ、配上茶とコーヒーも午後きわめて良いのを楽しむ.彼女は私に教えたことがあって、毎回パイナップルケーキにして、彼女が自分を閉じない台所で、好きな人にお邪魔しないように、誰かの助けが、他人よりは傍観さえあれば、横」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です