1日に2度の嗅覚障害壁体操、内臓脂肪、長寿ホルモンを増加

基本姿勢、かかと、尻、背中、後頭勺、肩、腕も壁に、3分も維持する.この動作で自然を内臓脂肪、内臓細胞を刺激します.また、へそを中心に腹部血液循環もよくなり、養分は脂肪細胞になり、長寿ホルモン分泌量を増やして.

基本姿勢、かかと、尻、背中、後頭勺、肩、腕も壁に、3分も維持する.この動作で自然を内臓脂肪、内臓細胞を刺激します.また、へそを中心に腹部血液循環もよくなり、養分は脂肪細胞になり、長寿ホルモン分泌量を増やして.

2.半身:足をねじりて、足裏の距離を出て、足の距離が出て.右侧の壁に、右手は左側の壁,嗅覚障害、左手は右侧の壁,交互に行う、と大声で叫んで1、2、3…、30回繰り返すと大声で叫んだ.その動作は、側腹腹を訓練することができ、大声で声を出して腹部に出力する、効果が良いです.

腕は翅:体のように壁に貼、両手は鳥が飛ぶように下振り、3回往復する.身体的基礎代謝を高めて,体の基礎代謝を高めて、活動して、褐色脂肪細胞を刺激する.

よんしよ.笑って深呼吸:出しつつよ〜の声を、かかとからゆっくりし、腰を曲げ、足、両腕を大いに向上.手をつないで下へ、膝伸ばし、ハハ大笑、3回.

1度に1度ずつおアドバイスをしても.お腹式呼吸をしている時は、お笑いをしています.食事の食前、食後30分は避けてください.疝気、脊椎ヘルニア、心臓疾患者は医師に適合しているかどうか.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です