見嗅覚障害る

pは頭を上げ、藍色の天、空中の浮雲は真綿、ヨーヨー、澄んでいる、陽射し、陽射し、陽射し、陽射し、陽射し、陽射し、陽射し、陽射し、陽射し、陽射し、陽射し,陽射し、陽射し、陽射し、陽射し.六月の濃厚な、静寂なキャンパスの小道、沙羅双樹の大きい太く、満開の花、さわやかで上品.木の下で、浓荫にだり松客の『他人』、『ことしか記憶が.人は旅人にしかできない.私は結局あれらの記憶から逃げて、忘れることができないあの人、一人芝居の役を変えられない.年はまた1年の経過、物思いの追憶、振り返れば将来の昔の事、思いの傷は深くなるほど深くなる.数年前の熟知、多年後の今日、すべてとっくに雲散霧消して、あなたはあなた、私はやはり私、同様の見知らぬ人.読んで、思いの海に陥る.時の流れの中で、歳月は速くて,多くの事はすべて異なっていて.時が移り、人はどこへ行っても、空には桃の花が笑う.介懐も釈然とも、その行きの、あなたは殘ない.多分、私たちが懐かしい、ある人ではない、記憶の深い記憶の深い、思い出にはならない.

ひとしきり風に吹かれて、長いスカートをたもと.肩をこするとした瞬間、裙は、瞬間、ほんの一瞬、ずらす、.沙羅双樹に一輪の白い花が散る、音もなく.縁起が散って、この花の咲く花のように花が散るようです.もしできるならば、私は、無憂の木,嗅覚障害、悟はスナイパー、死んで沙羅双樹.