男「自己精力」の嗅覚障害方の方法

pは鼠蹊部の強化金玉機能

を刺激マッサージ睾丸は男性性機能を増強.しかし,嗅覚障害、更に効果的なのは、ペニスの両側にある鼠蹊管.鼠蹊は睾丸に血液を送る血液と、神経を接続する通路.鼠蹊管機能が低下すれば、必然的に睾丸機能の低下を引き起こす.そのため、重要なのは鼠蹊管中の血液循環が良好です.

マッサージ鼠径部管の方法はそれぞれ二本の指でポンプペニス根元の両侧には上から下への刺激をなでて、血液の睾丸の通路.毎日マッサージは1度マッサージする、毎晩寝る前に自分でベッドの上でマッサージすることができます.

また、入浴時にはシャワーヘッド利用のぬるま湯で刺激し部も、血液循環を改善して、睾丸機能強化.

にはシャワーを利用して、莖マッサージ

を利用してp入浴時、シャワーでペニスマッサージ.いわゆるシャワーマッサージは、ぬるま湯で濡れてペニス根元までヘッドを週囲に回復睾丸エネルギーの効果が大きい.

P勃起は肩が凝るように,莖の靭帯と神経も相当疲れているという.そして勃起時間が長く疲れても.もちろん、も同然の肩の痛みが、性生活と同じマッサージした後、陰莖の根の靭帯、神経、鼠径部管マッサージの刺激の血行改善、早く睾丸、陰莖の疲労回復.

鼠蹊部

だけではなく、下腹部、へその週囲や鼠蹊下部が多くの重要なつぼ.これらの部位にシャワーで充分加熱すると効果があるとしたら.シャワーの使用と全身泡湯内と違って、それはシャワーがツボを刺激して加熱.もちろん、シャワーの水圧が強いといいです.

莖指圧法の強化性能力

を採用

など前項ご紹介した陰莖マッサージ法と同様、もしよく採用陰莖マッサージ指圧法ペニス、効性能力を高める.指圧法操作は簡単で,繰り返して指でつまんでペニスをつかんで.男根神経と血管などの活性化を強めて.このように寒い時に同人繰り返し揉み手やこぶしの血液循環を改善することができる指、指が赤くて温暖化させよう.

Pは手で手を使います.ペニス勃起は気にならずにマッサージを行うこと.朝晩ベッドでマッサージを行うことができ.性交の前で愛撫愛撫の1輪の更に友愛の積極的な環境の雰囲気を創立することを創立して.

できれば配合前紹介した空冷"または"冷たい、温水式のトレーニング方法でペニス指圧マッサージ、飛車取り王手の効果を受け取ることができます.大事なのは根気よく続けること.